統計学

統計学

混同行列と偽陽性・偽陰性をわかりやすく図解

統計学,統計的分類における混同行列 (confusion matrix) や,真陽性・真陰性・偽陽性・偽陰性といった概念を解説します。とある測定機器の精度評価をする際には,欠かせない指標ですから,しっかり理解していきましょう。
統計学

ベイズの定理をわかりやすく簡潔に

ベイズの定理 (Bayes' theorem) とは,条件付き確率に関する等式を指します。これについて,その証明と,意義も含めた応用例を紹介しましょう。
統計学

【対数グラフ】片対数グラフ・両対数グラフとその意味

グラフを描くにあたって,しばしば用いられる,片方の軸が対数に対応する目盛である「片対数グラフ」と,両方の軸が対数に対応する目盛である「両対数グラフ」について紹介し,このグラフ上で直線になるような関数はどのようなものか解説します。
統計学

ReLU関数(ランプ関数,正規化線形関数)とは

ReLU関数 (Rectified Linear Unit),より一般に「ランプ関数 (ramp function)」「正規化線形関数」とは,x≥0のときx,x<0のとき0となる関数のことです。この関数の定義とグラフ,その性質を述べましょう。
統計学

シグモイド関数の定義とグラフと性質8つ

さまざまな分野で登場するシグモイド関数 (sigmoid function) について,その定義とグラフ,性質8個(単調性・対称性・極限・微分・双曲線関数tanhとの関係・逆関数など)を詳しくまとめます。
数学の景色をフォローする
タイトルとURLをコピーしました