【LaTeX】水平方向の空白(スペース)のコマンド11個

LaTeX

\LaTeX における,水平方向の空白(スペース)に関するコマンドを紹介します。

【LaTeX】水平方向の空白(スペース)のコマンド11個

数式モード・テキストモードの両方で使用可能です。1em は全角スペース(厳密には現在のフォントの大文字 Mのおおよその幅)を指します。

コマンドスペース幅コマンドの例出力の例
スペースなしab ab
\,3/18 ema\, ba\, b
\>4/18 ema\> ba\> b
\:4/18 ema\: b a\: b
\;5/18 ema\; b a\; b
\<space>半角スペースa\ b a\ b
~改行禁止の半角スペースa~b a~b
\quad1 ema\quad b a\quad b
\qquad2 ema\qquad b a\qquad b
\!-3/18 ema\! b a\! b
\hspace{distance}distance 幅のスペース
スペースが改行位置に来る場合,出力されない
\hspace*{distance}distance 幅のスペース
スペースが改行位置に来ても出力される

最後の\hspace{} に関しては,\hspace{10cm} のように,任意の幅を指定できます。指定できる主な「単位」は以下の通りです。

単位意味
cmセンチメートル
mmミリメートル
inインチ
ptポイント
emM のおおよその幅
zwpLaTeX, upLaTeXのみ
和文フォントのボディの幅
LuaLaTeX和文では \zw とする
QpLaTeX, upLaTeXのみ
1Q = 0.25mm

hfillコマンドによる均等配置

\hfill コマンドを用いることで,1行にスペースを均等に配置することができます。たとえば,

左寄せ\hfill 右寄せ

とかけば,

\hfill を一つ用いた出力

と出力されます。

左寄せ\hfill 真ん中\hfill 右寄せ

とかけば,

\hfill を二つ用いた出力

のように,2つの \hfill に均等にスペースを割り振ることが可能です(「真ん中」はちょうど真ん中に来るわけではなく,あくまで「左寄せ」と「真ん中」の間のスペースと,「真ん中」と「右寄せ」の間のスペースが等しいです)。

さらに \hfill の数を増やしても構いません。その数に応じて,均等に水平方向のスペースが割り振られます。

また,\hfill のかわりに,\dotfill コマンドを用いると,間をドットで埋めることも可能です。

関連する記事

タイトルとURLをコピーしました