【LaTeX】垂直方向の空白(スペース)vspace,vfill

LaTeX

\LaTeX における,垂直方向の空白(スペース)を出力するコマンド \vspace と,スペースを均等に配置する \vfill コマンドついて,その使い方を紹介しましょう。

【LaTeX】垂直方向の空白(スペース)vspace

垂直方向のスペースを入れるには,\vspace コマンドを用います。これは,\vspace{<distance>} の形で使用します。以下に例を挙げましょう。

おはようございます

こんにちは
\vspace{10mm}

こんばんは
\vspaceを用いた出力例

<distance> に使える単位は,たとえば以下のようなものです。

単位意味
cmセンチメートル
mmミリメートル
inインチ
ptポイント
emM のおおよその幅
zwpLaTeX, upLaTeXのみ
和文フォントのボディの幅
LuaLaTeX和文では \zw とする
zhpLaTeX, upLaTeXのみ
和文フォントのボディの高さ
LuaLaTeX和文では \zh とする
QpLaTeX, upLaTeXのみ
1Q = 0.25mm
\baselineskip1行分のアキ

\baselineskip はたとえば \hspace{0.5\baselineskip} のように使います。

\hspace{<distance>} は改ページ部分に来る場合,出力されません。改ページ部分に来ても出力したい場合は,\hspace*{<distance>} とします。

均等に垂直空白を配置するvfillコマンド

垂直方向のスペースを均等に配置するには,\vfill コマンドを用います。\vfill コマンドは,使った数に応じて,スペースが均等に配分されます。

これについては,例を挙げると縦に長くなりすぎるので,水平方向のスペースを均等に配置する \hfill コマンドの具体例を確認することで,イメージをつけてください。以下で解説しています。

関連する記事

タイトルとURLをコピーしました