【LaTeX】行間を変える方法【部分・全体】

LaTeX

\LaTeX において,部分的に行間を変える方法と,全体の行間を変える方法を,それぞれ解説します。

【LaTeX】部分的に行間を変える方法

1ヶ所だけ行間を変えたい場合,\vspace コマンドなどで,垂直方向にスペースを入れてあげればよいです。これについては,以下で解説しています。

指定した部分だけ行間を変えたい場合,それが別の環境 \begin{} ~ \end{} の中の場合は,環境の中に,以下の「全体の行間を変える方法」で解説する,\setlength~ を,環境内に記述すればよいです。

そうでない場合は,setspace パッケージ\usepackage{setspace} のように読み込み,

\begin{spacing}{倍率}
~
\end{spacing}

のように,行間を変えたい部分を spacing 環境で囲んであげるとよいです。

【LaTeX】全体の行間を変える方法

全体の行間を変更したいときは,\renewcommand{\baselinestretch}{倍率} や,\setlength{\baselineskip}{大きさ} を用います。たとえば,

\renewcommand{\baselinestretch}{1.5}

とすれば,行間が1.5倍になり,

\setlength{\baselineskip}{18pt}

とすれば,行送り(行間+文字の高さ) が18ptになります。

\renewcommand はプリアンブルに,\setlength の方は \begin{document} ... \end{document} の間にかいてください。

また,\fontsize{}{}\selectfont コマンドを用いれば,フォントサイズと同時に行送りを指定することもできます。これは,以下の記事で解説しています。

なお,和文のモダンクラス jlreq クラスを用いている場合は,

\documentclass[baselineskip=1.8zh]{jlreq}

とするだけで,全体の行送り(行間+文字の高さ)を変えることが可能です。zh は全角文字の高さを指します。

ディスプレイスタイルの数式の前後の行間を変える

ついでに,\begin{align} ~ \end{align} などのディスプレイスタイルの数式において,その前後の行間を変える方法を書いておきましょう。以下のようにします。

\setlength{\abovedisplayskip}{5pt} 
\setlength{\belowdisplayskip}{3pt}

\abovedisplayskip は数式の上側のスペース,\belowdisplayskip は数式の下側のスペースです。負の値を指定することも可能です。

\begin{document} ... \end{document}の間にかいてください。

タイトルとURLをコピーしました