PR

【LaTeX】用紙サイズ・向きの設定方法

LaTeX

\LaTeX において,用紙のサイズ・向きを変える方法を紹介します。

スポンサーリンク

【LaTeX】用紙サイズの設定方法

用紙サイズを設定するには,ドキュメントクラスを述べる部分のオプションとして指定します。\documentclass[]{article} などの,[] の部分です。

たとえば,jsarticle クラスで用紙サイズを B5 にしたい場合は

\documentclass[b5paper]{jsarticle}

や,

\documentclass[b5paper]{jsarticle}\usepackage{bxpapersize}

や,

\documentclass[b5paper,papersize]{jsarticle}

などとします(後者2つについては後述します)。ドキュメントクラスによって,オプションの指定の仕方が違うため,それぞれ確認していきましょう。

(js)article, (js)report, (js)book クラスの場合

英文用の article, report, book クラス,や,日本語 pLaTeX, upLaTeX 用の jsarticle, jsreport, jsbook クラスやレガシーの jarticle, jreport, jbook クラス,LuaLaTeX 和文用の ltjsarticle, ltjsreport, ltjsbook クラスでの指定の仕方は,たとえば

\documentclass[a4paper]{article}

のようにします。指定できる主なサイズは以下の通りです。

オプションサイズ補足
a4paperA4 (297mm × 210mm)和文のデフォルト
a5paperA5 (210mm × 148mm)
b4paperB4 (364mm × 257mm)欧文用はなし
b5paper和文:JIS B5 (257mm × 182mm)
欧文:ISO B5 (250mm × 176mm)
letterpaperレター (11in × 8.5in)欧文のデフォルト
legalpaperリーガル (14in × 8.5in)
executivepaperエグゼクティブ (10.5in × 7.25in)

jlreq クラスの場合

次世代の和文用クラスで, pLaTeX, upLaTeX, LuaLaTeX を自動で判断する jlreq クラスの場合は,paper=b5 のように指定します。たとえば,B5 サイズにしたい場合は,

\documentclass[paper=b5]{jlreq}

とします。指定できるサイズは A列が a0a10,JIS B列が b0b10,C列が c2c8 です。他に,横・縦の順にカスタマイズしたサイズを指定する

\documentclass[paper={170mm,230mm}]{jlreq}

のようなかき方も可能です。非常に高機能ですね。

出力された用紙サイズがおかしくなる場合

上のようにしても,出力される PDF の用紙サイズは変わらず,文字のサイズだけが変化するなど,おかしなことになることがあるでしょう。これは「そういうもの」なので,これから解説する方法で,解決しましょう。

なお,どのような場合に「おかしなことになる」のかの解説はしません。今後,バージョンによって頻繁に変わるかもしれないからです。「うまくいかなければ参照する」という認識で良いです。

bxpapersizeパッケージを読み込む

bxpapersize パッケージが使えるのであれば,これを読み込みましょう。比較的新しい TeX Live であれば使えるはずです。読み込む以外,何もしなくて良いです。

\usepackage{bxpapersize}

\documentclass の後に,上のように読み込めば,適切な用紙サイズになるはずです。

jsclassesにはpapersizeオプションもある

jsarticle など,js で始まるドキュメントクラスには,papersize オプションがあります。

\documentclass[b4paper,papersize]{jsarticle}

などとすれば,用紙サイズを適切に調整することが可能です。

ただ個人的には,最初に紹介した bxpapersize パッケージを読み込む方が,汎用的で良いのではないかと思います。

スポンサーリンク

【LaTeX】用紙の向きの設定方法

用紙は普通,縦の方が長くなっています。これを,横の方を長くするには,landscape オプションをつけます。たとえば,jsarticle クラスで B4 横向きにするには,

\documentclass[b4paper,landscape]{jsarticle}

などとするとよいです。jlreq クラスの場合は,

\documentclass[paper=b4,landscape]{jlreq}

としましょう。必要に応じて,\usepackage{bxpapersize} もかいてください。

関連する記事

参考

  1. 奥村晴彦, 黒木裕介「LaTeX 美文書作成入門」(技術評論社, 第9版, 2023)
  2. https://github.com/abenori/jlreq