【LaTeX】2段組・多段組にする方法とその周辺

LaTeX

\LaTeX において,二段組・多段組にする方法とその周辺知識を紹介します。

2段組にする方法

\LaTeX について二段組にするには,ドキュメントクラスを定義する際に,

\documentclass[twocolumn]{jsarticle}

のように,twocolumn オプションを指定します。二段の距離を変えたい場合は

\setlength{\columnsep}{2zw}

などとします(LuaLaTeXの場合は 2\zw)。jlreq クラスの場合は,\documentclass[twocolumn,column_gap=2zw]{jlreq} ともできます。

二段組の間に線を引きたい場合は,

\setlength{\columnseprule}{0.4pt}

などとかきます。0.4pt は線の太さです。

二段組の左から始めて,途中で右に行きたくなった場合は,\newpage コマンドを用います。これは通常改ページのコマンドですが,この場合は右ページに移動を意味します。

二段組で始める前に,二段組でない文章を入れたい場合は,

\begin{document}
\twocolumn[%
  二段組にしない文章]

本文

\end{document}

とします。また,図表は二段組にしたくない場合は,\begin{table*} ... \end{table*} や,\begin{figure*} ... \end{figure*} のように,アスタリスク付きで用います。

途中から一段組に戻したい場合は,\onecolumn とかきます。ただし,これは改ページされてから一段組になります。改ページしたくない場合は,以下で解説する multicol パッケージを用います。

多段組にする方法

多段組,特に3段以上の組にするには,multicol パッケージを用います。プリアンブルに \usepackage{multicol}とかいてください。

このパッケージは,文書の途中で多段組を挿入することができ,非常に便利です。これは,文章中に

\begin{multicols}{段数}
  文章
\end{multicols}

の形で用います。たとえば,3段組にしたいのであれば,\begin{multicols}{3} です。以下が出力例です。

multicols環境の出力例

段組の間隔や,間の線の設定は,上で解説したものと同様です。途中で段を変えたいときは,\columnbreak コマンドを用います。

なお,multicol 環境は文の途中に多段組を挿入するものですから,例えば最終ページで使ったとしても,上で,「かきくけこ」がないような感じの出力になってしまいます。

そうではなく,例えば以下のような出力,すなわち,全体的に段組にして,均等にテキストを配置せず,余るところがあっても良いようにするには,multicols* 環境を用います。

multicols*環境の出力例

関連する記事

参考

  1. 奥村晴彦, 黒木裕介「LaTeX 2e 美文書作成入門」(技術評論社, 第8版, 2020)
  2. multicol – Intermix single and multiple columns
タイトルとURLをコピーしました