PR

【LaTeX】和をあらわすΣ(シグマ)記号のかき方とテクニック

LaTeX

\LaTeX における,和をあらわすシグマ記号 \sum\sum)のかき方と,そのテクニックについて述べましょう。 \sum のみを述べますが,以下については,積をあらわすパイ記号 \prod\prod)でも同様に適用可能です。

なお,amsmath パッケージの使用は仮定しています。

スポンサーリンク

【LaTeX】和をあらわすΣ(シグマ)記号の基本的なかき方

ディスプレイスタイルテキストスタイルコマンド
\displaystyle \sum\sum\sum
\displaystyle \sum_{n=1}^\infty\sum_{n=1}^\infty\sum_{n=1}^\infty
\displaystyle \sum_{1\le k\le n} \sum_{1\le k\le n}\sum_{1\le k\le n}
\displaystyle\sum_{a\in A} \sum_{a\in A}\sum_{a\in A}

なお,\sum_{n=1}^\infty\sum^\infty_{n=1} のように,先に上につくコマンドからかいても構いません。

スポンサーリンク

和をあらわすΣ(シグマ)記号のさまざまなかき方

ここからは,さまざまなテクニックを述べることにしましょう。

添え字のつけ方を変える

通常,シグマ記号の添え字は,ディスプレイスタイルでは上下に,テキストスタイルでは右側につきます。しかし,\limits コマンドを使うことで常に上下に出力することができ,\nolimits コマンドを使うことで,常に右側に出力することが可能になります。

ディスプレイスタイルテキストスタイルコマンド
\displaystyle \sum_{n=1}^\infty a_n \sum_{n=1}^\infty a_n\sum_{n=1}^\infty a_n
\displaystyle \sum\limits_{n=1}^\infty a_n \sum\limits_{n=1}^\infty a_n\sum\limits_{n=1}^\infty a_n
\displaystyle \sum\nolimits_{n=1}^\infty a_n \sum\nolimits_{n=1}^\infty a_n\sum\nolimits_{n=1}^\infty a_n

また,ディスプレイスタイルにおいて, \displaystyle \sum\nolimits'\sum\nolimits',「' 」 の出力には上付きを表す ^ が不要であることに注意)のように,右側に出力するコマンドと, \displaystyle \sum_{1\le k\le n}\sum_{1\le k\le n})のように,下側に出力するコマンドの両方を併用したい場合は,\sideset コマンドを用います。
これは, \displaystyle \sum, \prod\sum, \prod)のサイドに添え字をかくためのコマンドで,\sideset{<left symbol>{<right symbol>}{<\sum or \prod>} の形で用います。以下がその例です。

ディスプレイスタイルコマンド
\sideset{}{'}{\sum}_{1\le k\le n} a_n の出力\sideset{}{'}{\sum}_{1\le k\le n} a_n
\sideset{_a^b}{_c^d}{\sum} の出力 \sideset{_a^b}{_c^d}{\sum}
\sideset{_a^b}{_c^d}{\sum}_{n=1}^\infty a_n の出力\sideset{_a^b}{_c^d}{\sum}_{n=1}^\infty a_n

添え字を2行以上にする

添え字を2行以上にするには,\substack を用います。改行は \\ を使います。

ディスプレイスタイルテキストスタイルコマンド
\displaystyle \sum_{\substack{0<i<m\\0<j<n}} \sum_{\substack{0<i<m\\0<j<n}}\sum_{\substack{0<i<m\\0<j<n}}
\displaystyle \sum_{\substack{0\le i\le l\\0\le j\le m\\0\le k\le n}} \sum_{\substack{0\le i\le l\\0\le j\le m\\0\le k\le n}}\sum_{\substack{0\le i\le l\\0\le j\le m\\0\le k\le n}}

mathtoolsパッケージを用いたスペースの調整

\displaystyle S= \sum_{1\le i\le j\le n} a_{i,j} とすると,左側は = \displaystyle \sum の間隔,右側は \displaystyle \suma_{i,j} の間隔が大きくあいてしまいます。これを調整するには,mathtools パッケージで提供されている \smashoperator コマンドを用います。これは,隙間を潰す命令で,l, r オプションをつけることで,左側・右側のみ潰すことも可能です。

以下に例を挙げましょう。

 S= \sum_{1\le i\le j\le n} a_{i,j}
 S= \smashoperator{\sum_{1\le i\le j\le n}} a_{i,j}
 S= \smashoperator[l]{\sum_{1\le i\le j\le n}} a_{i,j}
 S= \smashoperator[r]{\sum_{1\le i\le j\le n}} a_{i,j}

関連する記事

参考

  1. amsmath – AMS mathematical facilities for LATEX
  2. mathtools – Mathematical tools to use with amsmath